金曜日, 4月 19, 2024
ホーム年中体脂肪率1桁を保つ食事管理ボディメイクする場合間食はどうすればいいの?

ボディメイクする場合間食はどうすればいいの?

こんにちは、ぶっちです

「ボディメイクする場合間食はどうすればいいの?間食はやっぱりしないほうがいいのかな?」

本日はそんな疑問にアンサーしていきたいと思います。

ボディメイクする場合はこまめに食べる

ボディメイクをする方であればこまめに食べるほうがオススメです。

血糖値と空腹感

理由は下記になります。

こまめに食べる
↓
血糖値の急上昇・急降下を防ぐ
↓
空腹感を感じづらい
↓
ドカ食い、お菓子などのつまみ食いを防ぐ

上記がこまめに食事を取ること理由です。

解説していくと
血糖値が急上昇・急降下することで人間は空腹感を感じます。

その血糖値の急上昇・急降下を防ぐためにこまめに食べるのです。

悪い例が下記です

朝ごはんを食べずに昼ごはん、夜ご飯をいっぱい食べる

上記の例だと血糖値が急上昇・急降下して空腹感がすごくおやつをつまみ食いしてしまったり、夜ご飯を食べた後のアイスがルーティンになってたりしまいがちです。(食事の中身でも血糖値の上がり方下がり方は異なります)

これはダイエットの方にも言えますが空腹にはなかなか勝てないものです

短期間であれば空腹にも我慢できるかもしれませんが長期間は不可能です。

いつか爆発して、プツンと糸が切れたように食べてしまうでしょう。

タンパク質摂取量について

こまめに食べる理由にはタンパク質摂取量についても関係してきます。

一回あたりの食事で推奨されているタンパク質摂取量は男性で40g程度とされています。

というのは身体に吸収できる量が40g程度だとされているからです。

今のところは40g以上のタンパク質を一度に摂っても効率的に吸収することができないのです。

以前の私は吸収のことを考えておらず、ただ食べていました。

しかし吸収は今になってすごく大事だと考えています。

ちゃんと身体が栄養を吸収してはじめて身体が作られます。

頭を使って食事を摂る

こまめに食べて身体に栄養をしっかり吸収して効率よく身体をつくりましょう

こまめに食べるメリット・デメリット

こまめに食べるメリット・デメリットをまとめました。

こまめに食べるメリット

  • 空腹感を感じづらくなる
  • けっこう食べている感じがする
  • おやつなどのスナック菓子を食べなくなる

こまめに食べるデメリット

  • 時間がない
  • 普通に5食ほど食べるとカロリーオーバーになり太る
  • 人目が気になる

上記がこまめに食べるメリット・デメリットだと考えられます。

メリットに関しては先ほど解説した通りです。

問題はデメリットですね。

便利なサプリも考えてとる必要アリです

朝食、昼食、夕食いがいに食事を摂るのはフリーランスや経営者など時間に余裕がある方であれば可能でしょう。

しかし会社に勤めていたり、時間が決まっていたりする方はなかなか厳しいです。

私自身クライアントさんがいますので、クライアントさんが優先順位がいちばんです。

セッションが続いたりするとこまめに食べるなんてできないです。

それを解決してくれるのがプロテインだったりします

今ではプロテインの他にプロテインバーなども出て大変助かっております。

私はプロテインも一食してカウントしています。

しかしプロテインはそういう忙しい時のみにしています。
なぜなら人間の身体はいろんな栄養バランスが必要になるためです。

プロテインばかりに頼ってしまうと栄養バランスが過多になり身体に異常が出ると考えています。

ですので普通の自然な食品から栄養を取るのがいちばん理想的になります

間食でなにを食べるかが重要

では間食でなにを食べればいいのか。

間食で食べるものがなんでも良いというわけではありません。

間食に関しても頭を使って食事をコントロールする必要アリです。

以下からは間食の具体的な例を紹介していきます。

スナック菓子などのジャンクな食べ物はNG

まず間食でNGなのがジャンクフードです。

ボディメイクやダイエットの方はまずはジャンクフードを捨てましょう。

先日に下記のツイートをしました。

less is more建築家ミースファンデルローエの言葉で少ないはより良いという意味

少ないことでよりシンプルに大事なことに集中する
なにが大事でなにが必要ないのか選択するのです

選択と集中

例えば私はカップラーメンを食べるのを捨てました
何を食べて何を食べないのかダイエットでも重要ですね

なにを食べてなにを食べないのか決めましょう。選択と集中です。

脂質に気を付けよう

脂質には気をつけましょう。

脂質が多ければカロリーオーバーになりやすいですからね。
逆に脂質を抑えればけっこう量を食べれるので満腹感があります。

カップラーメンやスナック菓子などのジャンクフード脂質が多いのでカロリーはとれても満腹感が量の割に得づらいです。

さらにカップラーメンやスナック菓子は安価で味が濃いため手に入りやすく中毒性が高いです。

捨てていただきたいものです。

間食にオススメの食べ物

下記に私もよく食べている間食のオススメの食べ物を紹介していきます

干し芋
どら焼きやおはぎ、だいふくなどの和菓子
ギリシャヨーグルト
ミックスナッツ

上記が間食でのオススメの食べ物になります。

比較的仕事中だったり小腹が空いた時に食べやすいものばかりだと思います。

上記の食べ物も食べすぎるとオーバーカロリーになりますのでご自身のカロリー収支を計算して食べる量を決めてくださいね。

私は甘いものが大好きなので脂質の少ない和菓子だったり、干し芋はおやつ感覚でとても重宝しています。

腹持ちも良いのでぜひ試してみてください。

まとめ

本日は「ボディメイクする場合間食はどうすればいいの?」「間食はやっぱりしないほうがいいのかな?」そんな疑問にアンサーしていきました。

ボディメイクする場合はこまめに食べて空腹感を感じづらくし余計なもの食べないようにする。

そして間食でなにを食べるかが重要でした。

本日は以上になります。
それではまた。

少しでも参考になれば幸いです。

Kawabuchi Ryota
Kawabuchi Ryota
1994年。北海道生まれ。神奈川県在住。神奈川県横浜市でパーソナルトレーナー(NSCA-CPT認定トレーナー)として活動中。『年中カッコイイからだ・年中健康的なからだづくり』をサポートするためにサイトを運営しています。詳しいプロフィールはこちら
RELATED ARTICLES
- Advertisment -

Most Popular