日曜日, 7月 14, 2024
ホーム食事ガリガリで太りたいと思っている人に伝えたいこと4選

ガリガリで太りたいと思っている人に伝えたいこと4選

「ガリガリで自分のカラダに自信がない」「食べても食べても太れなくて幼い頃から痩せている」「スポーツのためにカラダを大きくしたいけど太れない、なんでだろう」

本日はそんなお悩みにパーソナルトレーナーがアンサーしていきます

私自身も幼い頃から瘦せ型でカラダを作るために悩んでいました。

小学3年生の頃から高校を卒業をするまでの約10年間野球をやっていました。

瘦せ型の私は、野球部の監督や周りの人に「もっと食べろ」「全然食べないから大きくなれないんだ」などとよく言われていたので、ごはんはいつも大盛り、お菓子や菓子パンなどと食べ物はお腹が空いたら常に食べるようにしていました。

自分では結構な量を食べていたと思います。

「なんでこんなに食べているのに体重が増えないんだ」「そういう体質だからしょうがないのかな?」当時はそんなことばかり考えていました。

それでもカラダを大きくすることはできませんでした。

そして、周りの同級生には「胸板なさすぎ」「胸筋えぐれている」などさんざん言われていました。

しかし今現在は、カラダを作るプロであるパーソナルトレーナーとしてお金をいただき、ボディコンテストに参加するようにもなりました。

周りの同級生にも今では「カラダやばくなったな」「キン肉マン」と言われるまでになりました。

そんな私の経験談をもとに、いまガリガリで悩んでいる方の参考になればと思っております。

  • 無理していっぱい食べる必要はない
  • 食べるものの中身が重要
  • 週一だけでもトレーニングをする
  • ボディメイクは楽しい

無理していっぱい食べる必要はない

ガリガリで太りたいと思いなんでもかんでも考えずに食べるのはあまりオススメできません。

ガリガリの人はけっこう食べているのに太れないということもよくあります。

私も今は、身体づくりのプロとしてお仕事しておりますが、学生時代は身体を大きくしようと思い考えずに食べ、量やカロリーはけっこう摂っていたと思います。

ですが、身体を大きくすることはできませんでした。

ですので、食事の量よりも質を意識することが大事になってきます。

タンパク質が多く含まれているといわれる肉でも肉の種類によって脂質の量、タンパク質の量がぜんぜん違います。

肉を食べてるからオッケーということにはならないのです。

食べるものの中身が重要

「どんだけ食べても太れない」学生時代の私の悩みでした。

同じように悩んでいる方もいると思います。

先ほどの話にもありましたが、量は食べているけど太れないという方は食事の中身、質に注目してみてください。

カロリー、マクロバランス(炭水化物、脂質、タンパク質のバランス)を徹底して管理するのです。

カロリーやマクロバランスを管理することで、今までの食事を見直すことができるからです。

いままでは、唐揚げや焼肉のカルビなど肉は大好きだしいっぱい食べれると思っていたけど、食事管理をしてみたら、ほとんど脂質でカロリーをとっており、それでおなかがいっぱいになっていたけど、身体は大きくならなかったんだ。

そんなにごはんを食べずにもっとタンパク質が必要なんだと解決方法が見えてきます。

いまは、スマートフォンが発達し、食事の管理も楽にアプリで管理ができます。

何を食べれはいいかわかれば、あとはやるだけです。

食事管理を徹底して理想のボディを手にいれましょう。

食事管理が徹底してできるようになれば、太るも痩せるも自由自在にコントロール可能です。

ただし痩せる場合、誘惑が多く辛い時もありますが。

唯一カラダの中に入れるものになります、頭を使って食べるものは良いものを食べるようにしたいですね。

具体的な朝食についてはガリガリで太りたい人に伝えたいこと(朝食編)を参考にしてみてください、

週一だけでもトレーニングをする

食事がどれだけ徹底していても、年中運動をしなければ筋肉を増やすことはできません。

週一だけでもトレーニングをしましょう。

最初のうちは自重などのトレーニングでも構いませんが、オススメはジムに通いマシンやダンベルを使ってのトレーニングをオススメします。

ジムに通うにはお金がかかるかもしれませんが、時間短縮であったり、効率よく身体を鍛えたいのであればジムに通うのが一番です。

ジムには全身の筋肉を鍛える為の器具がそろっていますからね。

みなさんのトレーニングのレベルが上がってきた場合、自重には限界があります。

ジムの選び方としては、家の近くでも、きれいでオシャレなジムでも、お風呂のジムでも、ご自身が通いやすくライフスタイルに合ったジムを選んでみてください。

最近はいろいろなジムが出てきていますので。

なかには24hのジムも出てきているほどです。

ボディメイクは楽しい

私はフィットネスインストラクターとしてアルバイトで働いて行く為に、ジムでトレーニングをするようになりましたが、ボディメイクは楽しいですね。

身体がカッコよくなってくると自信がつきますし、なにより健康的です。

筋肉をつくるために、食事管理や適度なトレーニング、そして休養もしっかりとるためです。
またトレーニングは1人でできるのも良い点です。

自分の空いている時間にふらっとジムに寄りトレーニングをして汗を流す。

時には行くのめんどうだなと思うこともありますが、やったあとに後悔したことはありません。
お風呂といっしょですね。

お風呂も入るまではめんどうと思う時もありますが、入ってしまえばスッキリとした気持ちになります。

私は10代からボディメイクをすることになり、とてもハマっております。

みなさんにも伝われば幸いです。

まとめ

今回はガリガリで太りたいと思っている人に伝えたいことを、自身の経験を元にお伝えさせていただきました。

少しでも参考になれれば幸いです。

それではまた。

Kawabuchi Ryota
Kawabuchi Ryota
1994年。北海道生まれ。神奈川県茅ヶ崎市在住。神奈川県横浜市でパーソナルトレーナー(NSCA-CPT認定トレーナー)として活動中。『年中カッコイイからだ・年中健康的なからだづくり』をサポートするためにサイトを運営しています。詳しいプロフィールはこちら
RELATED ARTICLES
- Advertisment -

Most Popular