水曜日, 6月 19, 2024
ホーム部位別トレーニング解説脚のトレーニングヒップスラストのやり方と強度設定・意識してほしいポイントとよくあるエラーを解説

ヒップスラストのやり方と強度設定・意識してほしいポイントとよくあるエラーを解説

※ヒップスラスト by iPhone12mini

おしりのトレーニングの中で最も高重量の負荷をかけて鍛えることができる種目がヒップスラストです。

女性の方でも60kg以上の重さでやる方も。

ヒップアップや桃尻を目指す方にはとくにおすすめの種目です。

今回はヒップスラストのトレーニングで意識しているポイント、よくあるエラーをまとめてみました。

ヒップスラストで主に強化される部位

主動筋:臀筋群

協働筋:ハムストリング

ヒップスラストのやり方と強度設定

↑UP

↓down

・足は腰幅、膝の下にかかとがくるように膝を曲げ、肩甲骨の下角がベンチの角にくるようにセット

・バーを股関節に乗せ、あごを引き、お腹・おしりを締める

・かかとで地面を押し、おしりを締めながら、2秒かけておしりを持ち上げる

・身体がまっすぐになったところで1秒静止、ゆっくりおしりを下げる

強度設定としては

10〜15repできる重量で実施するようにしましょう。

意識してほしいポイントとよくあるエラー動作

意識してほしいポイントとしては

・あごを引いてお腹は締める

・おしりを締めながらUP

・コントラクト種目なので上で1秒静止すること

ということを意識して動作するようにしています。

よくあるエラーとしては

・骨盤の前傾・後傾で動作してしまう

・あごがあがりお腹の力が抜ける

・前ももに刺激が入る

ということがあると正しく動作ができていない証拠なので、フォームやアライメント(姿勢)を確認するようにしてみてください。

【編集後記】

早朝にブログを執筆。

昨日も引き続き京都観光を。着物をレンタルして祇園→清水寺に。抹茶を堪能しました。

マッチョの招き猫を見つけたので、買ってみました。

幸運が訪れることを願って。

Kawabuchi Ryota
Kawabuchi Ryota
1994年。北海道生まれ。神奈川県茅ヶ崎市在住。神奈川県横浜市でパーソナルトレーナー(NSCA-CPT認定トレーナー)として活動中。『年中カッコイイからだ・年中健康的なからだづくり』をサポートするためにサイトを運営しています。詳しいプロフィールはこちら
RELATED ARTICLES
- Advertisment -

Most Popular