金曜日, 4月 19, 2024
ホーム部位別トレーニング解説腕のトレーニングインクラインダンベルカールのやり方と重量設定・意識しているポイントを解説

インクラインダンベルカールのやり方と重量設定・意識しているポイントを解説

※ダンベルインクラインカール by 以前プロのカメラマンに撮っていただいた写真

上腕二頭筋の唯一のストレッチ種目。やり込むと筋肉痛がかなりくる種目のひとつです。

腕を太くしたい方には摂り入れたい種目になります。

やり方と意識しているポイントをまとめました。

主に強化される部位

主動筋:上腕二頭筋

インクラインダンベルカールのやり方

ベンチの角度は45°よりも高くセット。

ダンベルのグリップを手のひらの中央でにぎる。

上腕が地面と垂直になるようにして、腕(上腕二頭筋)が伸びている状態をつくる。(セットポジション)

肘は地面に向けたまま固定し、肘を曲げ二頭筋で耐えて下ろす。

重量設定と意識しているポイント

12〜15repできる重量で実施するようにしています。

意識しているポイントとしては

  • あしを閉じてお尻をしめる
  • 肩甲骨は安定させる
  • 挙げる時は少し外旋
  • 自然に肘が前に出る
  • 手首を固定

【編集後記】

昨日は朝からパーソナルトレーニング指導が6本。夜ブログを。

今日は朝からパーソナルトレーニング指導。はじめましてのお客様がご来店で新規ご入会。

今、着ているスーツをダボダボになるくらい引き締めたいとのこと。全力でサポートさせていただきます。

Kawabuchi Ryota
Kawabuchi Ryota
1994年。北海道生まれ。神奈川県在住。神奈川県横浜市でパーソナルトレーナー(NSCA-CPT認定トレーナー)として活動中。『年中カッコイイからだ・年中健康的なからだづくり』をサポートするためにサイトを運営しています。詳しいプロフィールはこちら
RELATED ARTICLES
- Advertisment -

Most Popular