金曜日, 5月 24, 2024
ホーム運動ベストボディジャパンに出るか迷っている人へ。ガリガリだった私がBBJ参加へ

ベストボディジャパンに出るか迷っている人へ。ガリガリだった私がBBJ参加へ

こんにちは、BUCCHIです

「ベストボディジャパンに出場したいです。トレーニングはまだ1年で、あと一年くらい頑張って、経験を含めて出場しようかと思ってます。
やっぱりベストボディジャパンでも体はでかい方が有利なんですかね?

体重とか体脂肪率はどこくらいの数値へ持って行くのが適切なのか参考までにおしえていただきたいです。

ベストボディジャパンに出場してらっしゃるかたは出場時点の体脂肪率はどのくらいですか?

筋肉がある程度あれば脂肪率10%弱でも一般人からみれば、バキバキな体になれますか?

あとベンチはまだ80キロしか上がらないんですけど、何キロくらいあげれるようになったらいいですか?

あくまで人それぞれなんですけど、参考までにおしえていただきたいです。」

本日はそんなベストボディジャパンなどのボディコンテストに出るか迷っている方に向けて、上記のお悩みにアンサーしていきます。

ガリガリで自信はなかったけどベストボディジャパンに出てよかった

初めてボディコンテストに参加したのが2018年の9月に開催されたベストボディジャパン横浜大会でした。

2016〜2017年頃の私は

コンテストにいつか出てみたいな〜

そんな気持ちはあったのですが

自分なんてガリガリで細いから恥をかくだけ」

「もっと身体を大きくしてから出よう

上記のように出ない理由ばかり考えて行動できずにいました。

ですが2018年3月に受験した国際的に信頼のあるパーソナルトレーナー資格NSCA-CPTの試験に合格することができたのです。

大学に通いながら18歳からフィットネスインストラクターとして活動していたのですが、この頃今後はパーソナルトレーナーとして活動していくと決心したのを覚えています。

そんなパーソナルトレーナーとして活動することを決めたので

  • 「クライアントの方から信頼される身体を作りたい」
  • 「説得力のある身体を作りたい」

そんな思いでベストボディジャパンに出ることを決めました。

「恥をかくかもしれない」

「何も知識もなく周りにコンテスト出ている人いないし、何もわからん」

そんな状態で勢いで申しこみました。

あまり自信もなかったので、周りにも言わずにひっそりと。

そんな状態で不安だったのでその時、初めて

パーソナルトレーニングも受講することを決意しました。

パーソナルトレーニングを受講したことで不安の解消され

自分ができる準備を全力でやることができました。

コンテストで結果は出すことはできませんでしたが

あの時勢いでベストボディジャパンに出てみてよかったと思っています。

おかげでコンテストには2018年、2019年と毎年出場するようになりました。

今年2020年ももちろん参加する予定です。

今年は結果を出したいと思っています。

またパーソナルトレーニングもあの時受けたことで、今も継続的に受講しています。

ほんと行動してよかった。

結果は出ていなくても、参加して後悔はないですよ。

やって後悔よりもやらない後悔がいちばんよくない

もし迷っている方はぜひ挑戦してみてください。

挑戦することで

自分が改善しなければならないこと

今後鍛えなければならない部位

絞り

日焼け

ポージング

表情

歩き方

etc

出てみないとわからない上記が見えてきますよ。

ぜひ勢いで、「えいっ」てな感じで動き出しちゃってください。

ガリガリだった私が初めてベストボディジャパンに出た時のスペック

身長 168cm
体重 58kg
体脂肪率 6%
胸囲 92cm
胴囲 70cm

ベンチプレスは詳しく計ってはいないですが
体重×1.2倍はあがっていました。

本日は以上になります。

ほな、また〜

    【広告代わりに】
    「役に立った」「ニヤニヤした」など、もし「こいつを応援してやろう」というお気持ち少しでもありましたら、Amazonか楽天でお買い物をするときに、下のリンクを踏んでからお買い物をしていただけますと、私にコーヒー代くらいが入ります。大変嬉しい。(なぜか私のお気に入りのBCAAの検索画面が出てきますが、無視してお好きなものを!)

Kawabuchi Ryota
Kawabuchi Ryota
1994年。北海道生まれ。神奈川県茅ヶ崎市在住。神奈川県横浜市でパーソナルトレーナー(NSCA-CPT認定トレーナー)として活動中。『年中カッコイイからだ・年中健康的なからだづくり』をサポートするためにサイトを運営しています。詳しいプロフィールはこちら
RELATED ARTICLES
- Advertisment -

Most Popular